医者

愛する人との子供が欲しいなら高度生殖医療を受けてみるべき

病院で痩せることができる

女性たち

おいしいお店がたくさんそろっている大阪。しかし食べてばかりではどんどん太ることになります。ダイエットが苦しくつらいという人はダイエット外来があります。病気などがあれば保険適用されます。専門医とならダイエットを成功させることができます。

» 詳細へ

体外受精と顕微授精

病棟

体外受精が必要なケース

時代とともに結婚の目的は変化しつつあり、必ずしも妊娠を前提としないケースも比較的高齢の男女を中心に増えています。それでも結婚する男女の多くは、子を産み育てることを希望している場合が大半です。そうした不妊症に悩む夫婦でも、近年では医学の進歩によって子供ができる可能性が広がってきています。高度生殖医療と呼ばれる体外受精の技術が大きく向上しており、以前と比べて受精成功率が高まってきているのです。設備の整った医療機関の婦人科で高度生殖医療を受けるには、以下に挙げるようないくつかの適応条件を満たす必要もあります。女性の側では卵管性不妊と呼ばれるケースがこれに該当し、卵管の閉塞や癒着などで受精できない人が高度生殖医療の適応となります。精子に対して抗体が生じる免疫性不妊や高齢の場合に加え、子宮内膜症が原因で受精を妨げていることが疑われるケースも同様です。男性の側では精子の数が少ない乏精子症や運動性の低い精子無力症など、男性不妊が認められる場合に高度生殖医療の適応条件となります。以上のような条件に当てはまらなくても、原因不明のまま通常の人工授精ではなかなか妊娠できない場合も高度生殖医療の対象です。

受精確率高い顕微授精

高度生殖医療で実施される体外受精には、コンベンショナル法と顕微授精法の2種類があります。いずれも卵子と精子を取り出し、体外で受精させてから受精卵を女性の子宮に戻すという点では共通しています。コンベンショナル法は精子の数が豊富で運動量が高い場合に適しており、そうでない場合は顕微授精が選択されます。卵子は女性の卵巣に針を刺すことで採取しますが、これに先立っては調節卵巣刺激と呼ばれる方法で排卵を誘発するのが普通です。排卵誘発には卵巣機能が高い人に向いたロング法や卵巣機能の低い人に向いたアンタゴニスト法の他、ショート法やクロミッド法などの種類があります。状態の良い卵子を採取するために、排卵周期のホルモン値や年齢などを考慮して適切な刺激方法が選択されています。男性から採取した精子の数が少なく濃度が低い場合の他、精子運動量が低いケースでは顕微授精の方が受精確率も高まります。この方法は顕微鏡を見ながら精子を1匹ずつ卵子に注入することで受精しやすくしており、正常な形態の精子を選別することでも成功率を高めているのです。高い技術を要する顕微授精は、特に男性不妊の解決に適した最先端の高度生殖医療と言えます。

不妊に悩む人へ

病院

大阪で不妊治療を考えている場合、どこの医療機関に通院するかが大切です。医師とカウンセリングを行ってみて信頼できると感じた医療機関が一番です。病院によっては治療の提案の仕方や治療内容が多少変わってきます。

» 詳細へ

不妊治療を行うなら

人工授精

人工授精は、子宮に直接精子を注射器などの器具で注入して受精させる方法です。大阪府ではたくさんの人工授精を行ってくれるクリニックがあるので、診察の受けやすいクリニックを選ぶようにすれば後悔はないと思います。

» 詳細へ