不妊に悩む人へ|愛する人との子供が欲しいなら高度生殖医療を受けてみるべき
ナース

愛する人との子供が欲しいなら高度生殖医療を受けてみるべき

不妊に悩む人へ

病院

まず妊娠するためには排卵日に受精する必要があります。従って精子が子宮にいる状態にしておくのがベストです。卵子の寿命は1日ですが、精子の寿命は2〜3日から1週間程度だとされています。排卵日が特定出来ていれば当日ではなく2日〜3日前にタイミングを合わせれば受精の確率は高まります。近年では晩婚化が進み初産の平均年齢も30代を突破しました。年齢が上がるにつれて妊娠率も低下します。2年以上妊娠しない場合は不妊治療を考えたほうが良いかもしれません。大阪のような都心では専門の医療機関もたくさんあります。治療内容によっては大阪の各自治体から助成金が出るケースもありますので住んでいる自治体に問い合わせてみてください。

不妊治療にはいくつかの種類があります。基本としては配偶者がおり子供を望んでいても出来ない人が受診します。最近では独身で、今すぐに子供が欲しい訳ではないが将来の為に若い卵子を残しておきたいと考える人も増えてきました。独身でも卵子凍結などの治療を行う人もいます。大阪の医療機関ごとに扱う治療内容や治療の提案方法が多少異なります。疑問に思っている不妊治療を進めても不信感が募り効果も出にくくなります。大阪で不妊治療を受ける時にはまず自分が納得のいく治療なのかが大切です。そのためには医師とのカウンセリングやコミュニケーションが重要です。最初に訪れた医療機関に通わなければならないことはありません。合わないならば転院して信頼できる医療機関を探しましょう。